40代のNISA(ニーサ)の活用例

40代のNISA(ニーサ)の活用例

ぼちぼち先が見えかけてきた40代だが、まだまだリタイアまでは時間があります。

 

仕事の懸命に努力を重ね、反抗期を迎える子育てに心身ともに疲れてくるのが40代です。

 

そんな40代の人におすすめのNISA(ニーサ)の活用は、長期投資。

 

手間をかけずにほったらかしでも目減りしない銘柄で、配当や株主優待が期待できるものはいかがでしょうか。

 

NISA(ニーサ)の非課税枠を利用して、安定的な運用益をあげながら株主優待でお得感を感じると共に、気分もリフレッシュ。

 

運用益が大きければ大きい程、NISA(ニーサ)で運用する恩恵は増大します。

 

でも、公私ともに忙しい40代の方は、少しリターンが小さくてもリスクを抑えて安定的に運用益が出るものを選ぶことをおすすめします。

 

そして、仮にNISA(ニーサ)の運用で少し損失が出ても、配当金や株主優待でその損失を賄えるような銘柄に投資するのはいかがでしょうか。

 

運用の損失は、配当金や株主優待でペイできるとすれば、忙しい毎日に投資のストレスを持ち込むことなく運用ができます。

 

NISA(ニーサ)の専用口座は、いくつかの証券会社や銀行で口座を開設して、その中で気に入った金融機関を選びましょう。

 

株式で運用するならば、株式は銀行で扱えないので証券会社で専用口座を開設することをおすすめします。

 

上記の考え方で、40代の方がNISA(ニーサ)を活用するならば、例えば『もしもしホットライン』スタジオアリス』『くろがねや』などはいかがでしょうか。

 

NISA(ニーサ)は、金額にも期間にも限度があるので、購入時点でも価格を十分吟味して、運用期間が終了する時にマイナスが出ないように、購入時点での価格を納得できるまで吟味しましょう。

 

NISA(ニーサ)では、金融機関選びが最も大切です。

 

また、ほとんどのインターネット証券は、口座開設するだけで役立つツールや情報が利用できます

 

少なくとも下記ページで紹介している金融機関は全て資料請求・口座開設をおすすめします。

 

厳選NISAおすすめ金融機関

 

※投資の運用は市場の動向によって変動します。当サイトで紹介しているものは運用益を保証するものではありません。

40代のNISA(ニーサ)の活用例関連ページ

20〜30代の活用法
20〜30代の人のNISA(ニーサ)の活用法は、ココをしっかりおさえることが重要です。
40〜50代の活用法
40〜50代の人は、このポイントを抑えることでNISA(ニーサ)が有効に活用できます。
60〜70代の活用法
60〜70代の方は、この点に注意してNISA(ニーサ)を有効活用してください。
30代の活用例
30代の人のNISA(ニーサ)の活用例をしっかりと公開しています。
50代の活用例
50代の人のNISA(ニーサ)の活用例をぜひ参考にして有効活用してくださいね。
60代の活用例
60代の人は、この点に注意するとNISA(ニーサ)が非常に有効に活用できるでしょう。